上司 人間関係

社会人必見!部下を苦しめるクラッシャー上司の対策・解決方法6選

 

他人の生活を壊して幸せを奪い、不幸を呼ぶクラッシャー上司。意外と世の中には多いです。

 

この記事を読むことで、

 

  • クラッシャーとはどんな人なのか?
  • どんな解決策があるのか?

 

 

ということが分かります。

 

こんな僕が、クラッシャー上司との関わり方を6個に分けてご説明します。

 

僕自身もいろいろ試したのち、部署異動を役員に直訴して、異動させてもらいました。

 

仕事なんて、人生の一部でしかないですし、本当につらかったら、無理しないで逃げてくださいね。

 

どんな人がクラッシャー上司と言われるのか、ということについては↓を参照してください。


参照:クラッシャー上司とは?自分や周りが該当するのかチェックリスト8つ

 

【具体的な方法6選】

 

それでは早速始めていきます。

 

自分にとってやりやすい方法から試してみてください。

 

順番はあくまで便宜上つけているだけです。

 

0.そもそも…


ハナからその人がクラッシャー上司かどうかは決めつけてはダメです

 

嫌なことがあっただけなのかもしれないし、初のマネジメントで経験不足なのかも。

 

だから、まずは接することが大切です。

 

仕事の会話もそうだし、飲みに行ってもいいから、まずはコミュニケーションを取りましょう。

 

誰彼構わず嫌ったり距離を置くのは違うと思います。

 

ただ、嫌な思いをした結果、精神的に削られたと感じたらそれは、あなたにとってクラッシャー上司です。

 

では次からは、クラッシャー上司との接し方などをお伝えしていきます。

 

1.最低限のみ接する


大前提として、「彼らは、他人の気持ちがわからない人間」です。

 

あなたがどれだけ苦しんでいるか、なぜ苦しんでいるのか、ということが理解できないのです。

 

理解してもらおうと努力しても、報われません。「他人の気持ちがわからない人間」だからです。

 

だから、避けましょう。会話は極力減らしてください。

 

あくまで業務上必要な会話だけで留めてOKです。

 

2.悪目立ちは避け


クラッシャー上司の鼻につくことは避けましょう。

 

具体的には、

  • 遅刻や寝坊
  • 大きな声での雑談
  • あくび

 

要は、クラッシャー上司の癪に障るようなことは避けようということです。機嫌を損なわないようにしてください。

 

ただし、別に機嫌を取ろうとはしなくていいです

 

お茶くんだり、褒めてみたり、会話を盛り上げようとしたり、というのは、自分が疲れるだけです。

 

虎穴に入らずんば虎子を得ず+自己防衛のために、悪目立ちは避けましょう。

 

3.残念な人、だと認知しよう

 

もし「上司は自分より偉い人!」と思っているとしたら、すぐにその考え方は捨ててください。

 

何度も言いいますが、彼らは「他人の気持ちがわからない人間」、つまり、残念な人なんです。

 

まずはそう考えてください。

 

すると、絶対服従の気持ちから脱せられるはずです。「上司と部下」の前に、「人と人」です。

 

上司だからいうこと聞かなきゃいけない。部下は従って当然!

上司のことは崇めて当然!

 

そんな考えから脱却しましょう。残念な上司は存在します。

 

上司と部下の関係性から抜け出すことが大切で、そのために、クラッシャー上司のことは「残念な人」として認知しましょう。

4.期間限定で考える


辛い時期は一生は続きません。

 

チーム編成や異動、転職などがあるので、その人に一生ついていかなきゃいけない、というわけではないことを理解しましょう。

 

このまま人生がつらい、なんて考えちゃだめです。

 

例えば、「3か月後のチーム編成まで」・「1年後の異動まで」と区切りをつけてみると楽になるかと思います。

 

無限に走ることはつらいけど、3本先の電信柱まで、と言われると頑張れるのと同じです。

 

期間限定で付き合おう、という楽な気持ちで接してあげてください。

5.同じ辛さをしている人を仲間にしよう


クラッシャー上司の餌食になっているのは、あなただけではないかもしれません。

 

同様な辛さを食らっている人がいるのであれば、その人に声をかけてあげましょう。

 

仲間ができることで、自分が独りじゃない、って思えるはずです。

 

ただし、声のかけ方は、「あいつうざくね?」はダメです。万が一それが本人の耳に届いたとき、倍になって返ってきます。

 

クラッシャー上司の餌食になっているであろう人がいたら、「大丈夫?辛くない?気持ちわかるよー」という声のかけ方が理想です。

6.もう我慢できない!と思ったら、すぐに逃げ出そう


結局、転職してもいいです。部署を異動するよう志願してもいいですあなたがクラッシャー上司の犠牲になる必要はありません。

 

そして、それは逃げではないです。決意を持った決断です。大丈夫。

 

今の会社を辞めたとしても、良い意味で「あなたがいなくても会社は潰れません」。これは絶対です。

 

あのスティーブジョブズが亡くなっても、Appleは今も成長しています。評判はいろいろありますが、しっかりと売り上げを上げています。

 

だから、あなたが辞めたとしても、大きな問題ではないのです。

 

あなたにとって、一番の問題は、クラッシャー上司にクラッシュさせられることです。

 

心や身体はなによりも大切にしてください。

 

今の職場で良いのか悩む方に向けた仕事が合わないと感じる方の対策という記事を参考にしてください。

【まとめ&僕もつらかったです…】

僕自身、新卒1年目のトレーナーが正にクラッシャー上司でした。

 

例えば、

  • 定時の1時間30分前に出社を強制(無給)
  • プライベートで機嫌が変わり、八つ当たりされる
  • 宴席でアルコールを強要
  • 上司のミスが、僕へ責任転嫁

などなど…

 

耐えられる人はいらっしゃるかと思いますが、僕としては、本当につらくて、プライベートの時間すら悩んでいました。

 

仕事が生活やプライベートにも浸食してしまっている悪い例ですね。

 

上記の対策の全てを知っていたわけではないですが、当時の僕なりに色んな事を試しました。

 

最終的には会社役員に直談判して、部署異動をさせてもらいました。

 

そんな僕が色んな書籍や研究からまとめた本記事の情報が、本当につらく苦しんでいるあなたにとって、ヒントになれれば幸いです。

 

改めて、本当に覚えておいてほしいのは、いろいろチャレンジして、それでもだめなら、辞めちゃいましょう

-上司, 人間関係
-, , , ,

© 2021 まつぶろ Powered by AFFINGER5