働き方

【残業が多いせいで仕事が辛いならこれで解決!対策と解決策5選】

この記事は、

  • 仕事が辛すぎる
  • 残業が多すぎる
  • 残業代が出なくて悩んでいる
  • 仕事を辞めたい

そう感じている方に向けて、残業の苦しみから解放される方法を5つに分けて解説していく内容です。

 

残業から抜け出したいなら転職だ!というサイトも多いです。しかし、個人的には、転職=最終手段だと思います。

 

その前に、現職でできる限りのことをやってからでないと、転職先でも苦しみます。更には、転職も上手くいかない可能性が高いです…!

 

この記事は3部構成となっており、

  1. 自分ができる範囲で改善する
  2. 上司の力を借りる
  3. それでも解決しないなら転職活動

となっています。

 

一度、今の仕事でできることがあるか?を見直すためにもこの記事を参考にしてみてください。

対策①:仕事の楽しさを見つけてみる

まずは考えてほしいのですが、皆さんの好きなことは何でしょうか?ゲームや飲み会、動画や映画、家族との時間、旅行何でもいいです。

 

楽しい時間、音速で時間が経ちますよね

 

それに長時間費やしても苦ではないですよね?

 

そう、楽しければ時間がどれだけかかっても苦しくないのです。仕事も同じで、楽しければ残業があっても辛くなりにくいのです。

 

では改めて質問です。
今の仕事に楽しみを見つけられていますか?

 

もし、楽しみがないのであれば、以下の二つを意識してみてください。

  • 主体性を持つ
  • 仕事を好きになる

です。これらがあれば、仕事に対して少しずつ楽しみを感じられるはずです。

【主体性を持つ方法についてはコチラの記事】

仕事における主体性の意味とはなに?主体性を持つ方法やメリットも解説


【仕事を好きになる方法についてはコチラの記事】

【具体的方法5選】好きになれない仕事を好きになるには?メリットも解説

対策②:他の人・会社に依頼できないか検討

次に、冷静に一度仕事の作業を振り返ってみてください。作業の中で、あなたが全て抱えなく良い仕事はありませんか?

例えば、

■会社外

  • データ分析⇒データ専門会社
  • 事務作業⇒ツール導入
  • アイデア考案⇒制作会社発注

■会社内

  • 後輩に任せてよい細かい作業
  • 事務員に任せてよい梱包作業
  • 得意な仲間に任せてよい資料作り

このように、あなたがやらなくても、仲間に頼む・お金を使うことで、仕事は完結する可能性があります。

 

これを伝えると、「そんなことできない!」という反論も言われます。

 

では、それをできない理由があるとしたら何でしょうか?

■他人に頼めない人の言い訳

  • メンツ?プライド?
    ⇒だとしたらそんなもの捨てましょう。残業による体力・時間の節約は、見栄より大切
  • 頼むのがめんどくさい?
    ⇒面倒くさいのは最初だけ。慣れたら何も言わなくてもやってくれるから長期的には楽
  • コスト?
    ⇒計算しました?残業代って、平均2000円/1hですよ?
    月に40時間したら8万円。年間で96万円ですよ?

    ツールの導入コストより高くないですか?

  • 上司が許さない?
    ⇒説得しました?説得する為に、コスト計算しました?資料作りしました?

このように、論理的に考えると、他人を巻き込むことのデメリットは簡単に解決できるのです。

 

ここまで考えていましたか?それを考えずに転職はもったいないです。

 

一度整理してみましょう。

対策③:部署異動やチーム編成を上長に打診する

自分の力でできることの二つを紹介しました。

 

次は、他人の力を借りる方法です。

 

紹介したようなことを試してもどうしても残業が減らせないなら、上司に異動やチーム編成を依頼しましょう。

 

ここで多くの人が言うのです。「上司に言っても聞いてもらえない」と。

 

確かに、会社はあなたの為に存在するのではないので、あなたの意見がただのわがままに聞こえた場合上司は聞く耳を持ちません。

 

ただ、すでに紹介した

  • 仕事に主体性を持つ
  • 仕事を好きになる
  • 他社を巻き込もうとする
  • そのための説得資料を作る

などを実践したうえで打診をしたなら、「自分でできる限りのことはやりました」とあなたははっきりと言えます。

 

そこまで準備して上司に提案、依頼してみてください。聞く耳を持たなかった上司もスタンスを変えざるを得ません。

 

もしそれでも理解してくれないようなダメ上司・無能上司なら、転職したほうがよいかもしれません。

 

次の方法を見ていきましょう。

 

 

対策④:転職しようとしてみる(CREEDO)

「この職場ダメだわ!残業が減らん!」と思ったなら、まずは転職を「してみよう」と思ってください。

 

決して、転職「する」と決めつけないでください。

 

決めつけてしまうと、いざ転職活動がうまくいかなかったときに焦ってしまいます。

 

転職活動体験のような感覚から始めましょう。

 

その際におすすめなのがCREEDOでの社会人向けのOB訪問サービスです。

 

学生だけが行うイメージの強いOB訪問ですが、CREEDOでは、社会人同士でのOB訪問を実現した画期的なサービスです。

 

要は、興味のある職種や企業の経験者から直接話を聞けるのです。

 

そういった場を設けて、実際にイメージしている転職先が正しいかしっかりと確認してみましょう。

 

もし話を聞いたうえで、自分の会社のほうがよいな!と思えたらそれはそれでいいのです。

 

自分のキャリアを見つめる機会になればいいのです。

 

今までこういったサービスがなかったからこそ、ぜひ一度試してみてください!

■ミイダスの強み

  1. ツールを使って自分の価値が見いだされる
    ⇒同年代の人と比べてわかりやすい


  2. 企業側からアプローチがある
    ⇒通常の転職活動よりも楽


  3. 考えていなかった企業からもアプローチがある
    ⇒選択肢が圧倒的に広がる

マイナビジョブ20’S

20代の方であれば、DODAとミイダスのほかに、マイナビジョブ20's もオススメです。

 

こちらは第二新卒を含む20代に特化したサービスで、若年層にのみ紹介できる案件を多く扱っています。

 

30代以上のサービスですと、そういったポテンシャル採用の企業と出会う確率も低いため、

 

こういったサービスに一つ登録しておくことで、幅が広がります。

■マイナビジョブ20’Sの強み

  1. 若年層に特化している
    ⇒ポテンシャル採用の企業と出会いやすい


  2. アドバイザーも優しめ
    ⇒初めての転職者を相手にするため、より親切

 

転職サイトまとめ

この二つを使っての転職を一番オススメしています。

 

ミイダスだけだと、少し情報が弱いです。

 

DODAだけだと、楽ができません。選択肢が広がりにくかったり、根詰めて転職をする形になるためです。

 

ぜひこの2つ(+1つ)のサービスを使って、転職活動してみてください。

■まとめ

今日は、残業が辛い方にオススメしたい対策をお伝えしました。

 

まとめると

  • 主体性を持って仕事を好きになる
  • 自分以外の人に仕事を振る
  • 上司に相談する
  • 転職しようとしてみる
  • 転職する

というステップです。すでにお伝えしましたが、転職は最終手段です。

今の環境で、できることをやってから転職しないと、転職先で同じ境遇になった時も転職するという手段しかなくなります。

 

出来ることをやったうえで、最適な転職をしていきましょう。

 

ただし、上司がクラッシャーだったり、会社がブラックな場合はすぐに転職しましょう。

 

どういった上司がクラッシャーなのか?ということは、↓の記事にまとめてます。

【特徴8選】部下が苦しむクラッシャー上司とはどんな人?

■DODAの強み

  1. 扱っている求人の8割が非公開求人!
    ⇒自分では見つけられない求人が見つかる

  2. 最大手の一つなので、圧倒的な求人数!
    ⇒ここを登録しておけば間違いなし

  3. 応募書類の添削がある!
    ⇒プロのサポートを使って転職ができる!

ミイダス

そしてもう一つ登録しておきたいのは、ミイダスです。

 

ツールを使って、自分の「市場価値」が算出されます。

 

それに適した企業から直接アプローチがあるんです!

 

僕は勝手に、「転職界の逆ナンパ」と呼んでます。

 

自分がやりたい職種や業種が見つかっていない人へのオススメはもちろん、自分の選択肢を広げたい人にもとてもオススメです。

■ミイダスの強み

  1. ツールを使って自分の価値が見いだされる
    ⇒同年代の人と比べてわかりやすい


  2. 企業側からアプローチがある
    ⇒通常の転職活動よりも楽


  3. 考えていなかった企業からもアプローチがある
    ⇒選択肢が圧倒的に広がる

マイナビジョブ20’S

20代の方であれば、DODAとミイダスのほかに、マイナビジョブ20's もオススメです。

 

こちらは第二新卒を含む20代に特化したサービスで、若年層にのみ紹介できる案件を多く扱っています。

 

30代以上のサービスですと、そういったポテンシャル採用の企業と出会う確率も低いため、

 

こういったサービスに一つ登録しておくことで、幅が広がります。

■マイナビジョブ20’Sの強み

  1. 若年層に特化している
    ⇒ポテンシャル採用の企業と出会いやすい


  2. アドバイザーも優しめ
    ⇒初めての転職者を相手にするため、より親切

 

転職サイトまとめ

この二つを使っての転職を一番オススメしています。

 

ミイダスだけだと、少し情報が弱いです。

 

DODAだけだと、楽ができません。選択肢が広がりにくかったり、根詰めて転職をする形になるためです。

 

ぜひこの2つ(+1つ)のサービスを使って、転職活動してみてください。

■まとめ

今日は、残業が辛い方にオススメしたい対策をお伝えしました。

 

まとめると

  • 主体性を持って仕事を好きになる
  • 自分以外の人に仕事を振る
  • 上司に相談する
  • 転職しようとしてみる
  • 転職する

というステップです。すでにお伝えしましたが、転職は最終手段です。

今の環境で、できることをやってから転職しないと、転職先で同じ境遇になった時も転職するという手段しかなくなります。

 

出来ることをやったうえで、最適な転職をしていきましょう。

 

ただし、上司がクラッシャーだったり、会社がブラックな場合はすぐに転職しましょう。

 

どういった上司がクラッシャーなのか?ということは、↓の記事にまとめてます。

【特徴8選】部下が苦しむクラッシャー上司とはどんな人?

■CREEDOの強み

  • 社会人向けOB訪問として国内最大級のサービス
  • 出身大学での縛りがない
  • オンラインでの会話も可能
  • 無料!

 

対策⑤:転職する

上司に相談しても、自分が結果を出していても、仕事を好きになろうとしてもダメ。

 

更に、転職OB訪問してみたら、より魅力的な企業がありそう。

 

そうやって思えたら、初めて転職活動をしていきましょう。

 

転職については、様々なサービスがありますが、当ブログオススメはDODAミイダス です!

 

20代の方には、マイナビジョブ20's もオススメです!

DODA

DODAは最大手グループの一つで、面接対策やキャリアカウンセラーのサポートが充実!

 

さらに、一般的には出回っていない企業の募集も受けられるため、絶対に参加しておくべきです!

 

合う合わないがあるかと思いますが、カウンセラーは変更ができるのも安心!

 

DODAは登録して間違いないです。

■DODAの強み

  1. 扱っている求人の8割が非公開求人!
    ⇒自分では見つけられない求人が見つかる

  2. 最大手の一つなので、圧倒的な求人数!
    ⇒ここを登録しておけば間違いなし

  3. 応募書類の添削がある!
    ⇒プロのサポートを使って転職ができる!

ミイダス

そしてもう一つ登録しておきたいのは、ミイダスです。

 

ツールを使って、自分の「市場価値」が算出されます。

 

それに適した企業から直接アプローチがあるんです!

 

僕は勝手に、「転職界の逆ナンパ」と呼んでます。

 

自分がやりたい職種や業種が見つかっていない人へのオススメはもちろん、自分の選択肢を広げたい人にもとてもオススメです。

■ミイダスの強み

  1. ツールを使って自分の価値が見いだされる
    ⇒同年代の人と比べてわかりやすい


  2. 企業側からアプローチがある
    ⇒通常の転職活動よりも楽


  3. 考えていなかった企業からもアプローチがある
    ⇒選択肢が圧倒的に広がる

マイナビジョブ20’S

20代の方であれば、DODAとミイダスのほかに、マイナビジョブ20's もオススメです。

 

こちらは第二新卒を含む20代に特化したサービスで、若年層にのみ紹介できる案件を多く扱っています。

 

30代以上のサービスですと、そういったポテンシャル採用の企業と出会う確率も低いため、

 

こういったサービスに一つ登録しておくことで、幅が広がります。

■マイナビジョブ20’Sの強み

  1. 若年層に特化している
    ⇒ポテンシャル採用の企業と出会いやすい


  2. アドバイザーも優しめ
    ⇒初めての転職者を相手にするため、より親切

 

転職サイトまとめ

この二つを使っての転職を一番オススメしています。

 

ミイダスだけだと、少し情報が弱いです。

 

DODAだけだと、楽ができません。選択肢が広がりにくかったり、根詰めて転職をする形になるためです。

 

ぜひこの2つ(+1つ)のサービスを使って、転職活動してみてください。

■まとめ

今日は、残業が辛い方にオススメしたい対策をお伝えしました。

 

まとめると

  • 主体性を持って仕事を好きになる
  • 自分以外の人に仕事を振る
  • 上司に相談する
  • 転職しようとしてみる
  • 転職する

というステップです。すでにお伝えしましたが、転職は最終手段です。

今の環境で、できることをやってから転職しないと、転職先で同じ境遇になった時も転職するという手段しかなくなります。

 

出来ることをやったうえで、最適な転職をしていきましょう。

 

ただし、上司がクラッシャーだったり、会社がブラックな場合はすぐに転職しましょう。

 

どういった上司がクラッシャーなのか?ということは、↓の記事にまとめてます。

【特徴8選】部下が苦しむクラッシャー上司とはどんな人?

-働き方

© 2021 まつぶろ Powered by AFFINGER5