働き方 新入社員

仕事が合わないと感じる人必見!転職の基準や現状打破の対策を解説

この記事は、

  • 仕事が合わないと感じている人
  • その現状を解消したい人
  • けど解消方法がわからない人

に向けた記事です。  

 

この記事を読むことで

  • 仕事が合わないと感じる要因
  • 仕事が合わない時の対策
  • 仕事を辞めるかどうかの基準

これらが理解できるようになります。

 

【この記事を書いた僕の経歴】  

 

実際に仕事が合わないと感じたうえ僕だからこそ、皆さんにお伝えできる内容があると信じています。  

では本題に入っていきましょう。  

仕事が合わないと感じる要因

 

仕事が合わないと要因については、いくつかの要素があると思います。

 

本記事では

  • 仕事が覚えられないから
  • 仕事が楽しくないから
  • 給料が安いから
  • 能力が評価されないから
  • 人間関係が悪いから


という5つが挙げられると考えています。

 

一つずつ見ていきましょう。  

仕事が覚えられない

 

どんなに頑張っても、人間には得手不得手があります。  

 

不得手なジャンルであると、どれだけ努力しても覚えが悪くなり、仕事が覚えられないと感じるでしょう。  

 

これについては、数十年の人生の中で培われた特性だったりもするため、致し方ない部分があると思います。個人的には、カタカナが覚えるのが苦手です…。

 

ただし、ジャンルの問題ではなく、仕事の覚える方法が悪いという可能性もあります。  

 

覚える方法を変えることで、仕事が合わないという状況から脱せられる可能性もあります。  

 

仕事を覚える方法」の記事もまとめていますので、ご確認ください。  

仕事が楽しくない

 

今の仕事が楽しくない!と感じる人の中に、そのまま「仕事が合わないせいだ!」と考える人もいます。  

ですが、この考え方は、要注意です。  

 

楽しくないと感じる要素・原因はたくさんあるからです。例えば

 

  • 業界が悪い
  • 業種が悪い
  • 上司が悪い
  • チームが悪い

このように、合わないと感じる原因が何なのか?ということを細分化して考える必要があります。  

 

仕事が合わない!と感じる人でも、上司がチームが悪いだけで、業界自体は楽しいと思える可能性があります。この場合、その業界を辞めてしまうのはもったいないですね。  

 

合わない!と感じる原因が何であるのか?ということを究明してから対策を考えましょう。  

給料が安い

 

給料が安すぎて、今の仕事が合わないと感じる方も多いです。  

 

少し言い換えると「生活レベル」と「仕事の給料が」合わない、という状態ですね。  

 

この場合、生活レベルを下げるか、仕事の給料を上げるしか方法がありません。  

能力が評価されない

 

ものすごく頑張っているにもかかわらず、それが評価されないと、モチベーションは維持出来ません。  

評価体制が原因となって、仕事が合わないと感じる人も多いと思います。  

 

ただし、これについても「仕事が悪い」というよりは、「会社や上司が悪い」というケースが多いと思います。  

 

ここも細分化して考えることで、具体的な対策を考えられると思います。  

人間関係が耐えられない

 

上司がパワハラだったり、パリピが多すぎてついていけなかったりと、職場の雰囲気が苦手だと、仕事に合わないと感じる人も多いです。  

 

せっかく仕事が楽しいとしても、人間関係が悪いと、生活が楽しいと感じられなくなります。  

 

細分化すると、部署の雰囲気が合わないのか、会社全体の雰囲気が合わないのか、です。

 

これによって、対策の方法も変わってきますので、一度考えてみましょう。  

将来のキャリアに活かせない

 

例えば、10年後のビジョンがある方は、今の職場とのミスマッチを感じる人が多いと思います。  

 

漠然と合わない!と感じるよりは、なぜ合わないのか?ということを考えるのはものすごく大切です。  

 

将来のキャリアとのミスマッチがないか、一度考えてみてから対策を考えましょう。  

合わないと感じた人の対策

 

ここまで、「合わないと感じる要素・原因」をお伝えしてきました。  

ここからは、「具体的にどうしたらいいか?」について解説していきます。

 

先に答えをお伝えすると 

  • 将来のビジョンを描いてみる
  • 仕事の楽しさを見つける
  • 副業にトライする
  • 転職しようとしてみる
  • 転職する

対策①:冷静に将来のビジョンを描いてみる

 

まずは、自分にとって何が大切か?という、将来のビジョンを考えてみましょう。  

 

もしいま描いた自分と、今の仕事が繋がらないのであれば、転職も良い手だと思います。

 

例えば、僕はWEBを通して色んな人にメッセージを届けたいというビジョンを描いています。  

そんな僕が極端な話、農業を推進する仕事を割り当てられたら、将来のビジョンには繋がりにくいでしょう。  

ただ、WEBマーケの力はつかなくても、PCのスキルや文章を書く仕事を任されたとしたら、それは将来に繋がります。仮にそれが楽しくなくても、耐える時です。

 

まずは冷静に自分の将来と向き合う。  

 

そして今の仕事が将来に繋がると感じられたら、頑張ってみましょう。  

対策②:仕事の楽しさを見つける

 

とはいえ、仕事が楽しくないとすると、それは毎日が辛い、という日々になってしまうと思います。  

 

だから、僕は仕事では楽しさを見つけて欲しいです。  

 

仕事が楽しくなる方法として「好きになれない仕事すら好きになるには?」の記事が参考になるかもしれません。  

対策③:副業を考えてみる

 

今の仕事が楽しくないとして、すぐに辞めるのはもったいないです。せっかく入った会社ですから。  

 

もし今の会社が楽しくなかったり、向いてないと感じても、将来活きるとするのであれば、副業を考えてみてください。  

 

別にお金が稼げなくてもいいんです。人生の目標ややりがいを見つけてみてください。  

 

仕事がつまらない・やりがいがないと感じる社会人がブログを書くべき7つの理由」の記事が参考になるかもしれません。

対策④:転職しようとしてみる(CREEDO)

 

「この職場ダメだわ!残業が減らん!」と思ったなら、まずは転職を「してみよう」と思ってください。  

 

決して、転職「する」と決めつけないでください。  決めつけてしまうと、いざ転職活動がうまくいかなかったときに焦ってしまいます。  

 

転職活動体験のような感覚から始めましょう。その際におすすめなのがCREEDOでの社会人向けのOB訪問サービスです。  

 

学生だけが行うイメージの強いOB訪問ですが、CREEDOでは、社会人同士でのOB訪問を実現した画期的なサービスです。  

 

要は、興味のある職種や企業の経験者から直接話を聞けるのです。  

そういった場を設けて、実際にイメージしている転職先が正しいかしっかりと確認してみましょう。  

 

もし話を聞いたうえで、自分の会社のほうがよいな!と思えたらそれはそれでいいのです。自分のキャリアを見つめる機会になればいいのです。  

 

今までこういったサービスがなかったからこそ、ぜひ一度試してみてください!

CREEDOの強み
  • 社会人向けOB訪問として国内最大級のサービス
  • 出身大学での縛りがない
  • オンラインでの会話も可能
  • 無料!

対策⑤:転職する

 

上司に相談しても、自分が結果を出していても、仕事を好きになろうとしてもダメ。  

 

更に、転職OB訪問してみたら、より魅力的な企業がありそう。そう思えたら、転職活動をしていきましょう。 

 

転職については、様々なサービスがありますが、当ブログオススメはDODAミイダス です!

 

  20代の方には、マイナビジョブ20's もオススメです!

DODA

 

DODAは最大手グループの一つで、面接対策やキャリアカウンセラーのサポートが充実!  

 

さらに、一般的には出回っていない企業の募集も受けられるため、絶対に参加しておくべきです!  

 

合う合わないがあるかと思いますが、カウンセラーは変更ができるのも安心!  

 

DODAは登録して間違いないです。

DODAの強み
  1. 扱っている求人の8割が非公開求人!
    ⇒自分では見つけられない求人が見つかる
  2. 最大手の一つなので、圧倒的な求人数!
    ⇒ここを登録しておけば間違いなし
  3. 応募書類の添削がある!
    ⇒プロのサポートを使って転職ができる!

ミイダス

 

そしてもう一つ登録しておきたいのは、ミイダスです。  

 

ツールを使って、自分の「市場価値」が算出されます。  

 

それに適した企業から直接アプローチがあるんです!僕は勝手に、「転職界の逆ナンパ」と呼んでます。  

 

自分がやりたい職種や業種が見つかっていない人へのオススメはもちろん、自分の選択肢を広げたい人にもとてもオススメです。

ミイダスの強み
  1. ツールを使って自分の価値が見いだされる
    ⇒同年代の人と比べてわかりやすい
  2. 企業側からアプローチがある
    ⇒通常の転職活動よりも楽
  3. 考えていなかった企業からもアプローチがある
    ⇒選択肢が圧倒的に広がる

マイナビジョブ20’S

 

20代の方であれば、DODAとミイダスのほかに、マイナビジョブ20's もオススメです。  

 

こちらは第二新卒を含む20代に特化したサービスで、若年層にのみ紹介できる案件を多く扱っています。  

 

30代以上のサービスですと、そういったポテンシャル採用の企業と出会う確率も低いため、こういったサービスに一つ登録しておくことで、幅が広がります。

 

マイナビジョブ20's の強み

  1. 若年層に特化している
    ⇒ポテンシャル採用の企業と出会いやすい
  2. アドバイザーも優しめ
    ⇒初めての転職者を相手にするため、より親切

仕事を辞めるかどうかの判断基準

 

ここまでたくさんの解決策をお伝えしてきました。  

とはいえ、こういう方もいるはずです。  

 

結局仕事は続けるべきなの?やめるべきなの?

 

そんな方に向けて、転職するかどうかの基準をお伝えします。  

転職をオススメしない人

 

以下に該当する人は、まだ転職をしないほうがいいかもしれません。  

 

  1. 職務歴が半年以下
  2. 異動や編成変更を依頼してない  

 

この状態の方です。

 

つまり、今できることをまだやり切っていない方です。  

 

職務歴が半年以下ですと、まだ仕事の全景が把握出来ていない可能性が高いため、今すぐに辞めるのは、まだ早いかもしれません。  

 

更に、職務歴が半年以下ですと、転職でも不利に働きます。  

 

また、異動などを依頼していない場合も、もったいないかと思います。せっかく入った会社です。他の部署やチームに希望があるなら、依頼してみましょう。  

 

もちろんその依頼が通らない可能性は高いです。それでもやらないよりやったほうがマシです。  

転職をオススメする人

 

  以下に該当する方は転職を検討しても良いと思います。  

  1. 上司に潰されて精神的に参ってる

  2. 他にやりたい仕事がある

  3. プライベートの時間を確保出来ていない  

 

これに該当する方は積極的に転職を検討しましょう。  転職することによるデメリットよりも、メリットの方が大きい方です。  

 

仕事で精神的に病んでしまうのは何よりも避けたい状態です。仕事よりも人生を大切にしてください。  

 

また、他にやりたい仕事がある場合も、ぜひ活動してください。今の仕事に固執しなくても良いと思います。  

 

転職業界でも、積極的な転職は評価されます。前向きな社員を確保したい企業が多いためです。  

 

プライベートの時間が確保できず、家族や友人などとの時間が確保できない方や趣味に没頭する時間が少ない方も転職を検討してよいと思います。  

 

人生を仕事で埋めてしまうのはもったいないです。プライベートも大切にしましょう。  

まとめ

自分と仕事が合わないと感じたとしても、それは甘えではありません。  

 

自分の人生です。自分がどのようにしたいかを必死に考え出した結果なら、誰も文句は言いません。  

 

ぜひこの機会に諸々検討してみてください。

-働き方, 新入社員

© 2021 まつぶろ Powered by AFFINGER5