新入社員

配属ガチャとは?新卒で行きたくない部署に初配属された時の対策5選

この記事は、

  • 配属前で緊張している新入社員
  • 配属ガチャで怯える新入社員
  • 行きたくない部署に配属された新入社員

に向けた記事です。

研修を終えてそろそろ配属先が決まる方や
4月からすでに配属を終えて実務に取り組んでいる方
会社によってまちまちですね。

どういったタイミングであれ、
世間では「配属ガチャ」と言われることもあるほど、
社会人デビューとなる初配属は緊張するもの。

  • 配属ガチャの正体とは?
  • 配属先がはずれだった場合対策とは?

といったことについて解説します。

この記事を読んで、
「配属前の不安」「配属後の不満」
を解消できるようにしていきましょう。

■配属ガチャってどんな意味?

一般的には、大企業に総合職で入る方ほどこの単語を耳にすると思います。
意味としては、
配属は自力で選べない要素が多い=ガチャ感が強い
ということで、配属ガチャと呼ばれています。

■自分たちでは選べない要素

  • どんな部署
  • どんな職種
  • どんな上司


これらは確かに自分では選べないもので、
かつ、社会人にはとても大事な要素でもありますね。

また、せっかく厳しい就活をしながら、
夢や目標や成りたい姿を描きながら入った会社ですから、
理想と違う配属となると、モチベーションが下がりやすい
というのが、配属ガチャの問題として言われています。

そういった状況に陥ることを、
配属ガチャに失敗した
という表現をすることが増えてきています。

■配属ガチャに対するよくある意見

そんな配属について、先輩社員や社会人歴が長い人は色んな意見を持っています。

■先輩社員の意見

  • 置かれた場所でまずは言われたことを徹底しろ
  • 長期的に見たら配属なんかで人生決まらない
  • まずは一生懸命やってから文句言え

などなどよく聞きますよね。
一理ある部分もありますが、個人的には違和感があります。

■先輩社員の意見への反論

  • 置かれた場所でまずは言われたことを徹底しろ
    ⇒そもそもモチベーションがあがらないから頑張れない
  • 長期的に見たら配属なんかで人生決まらない
    ⇒社会人一年目が長期的に考えるのは難しい
  • まずは一生懸命やってから文句言え
    ⇒だから、そもそもモチベーションが、さ?

という反論もありますよね。
もちろん、社会人を4年やっているので、
赤字の意見についてはどうかな?という部分もありますが、
配属ガチャが失敗した人の辛さは、それを経験した人しかわかりません。

なので、ここからは頭ごなしではなく、
初配属で苦しんでいる人の立場に立って、
具体的にもう少し丁寧・優しく対策や考え方をお伝えしていきます。

■配属ガチャに失敗したらどうすればいい?

もちろん、自分が行きたかった部署や役職、
素敵な上司に恵まれる「配属ガチャを成功する」人もいれば、
先ほどお伝えしたように、
理想とかけ離れていたり、好きになれない上司がいる部署に配属されて
モチベーションが下がりまくる「配属ガチャに失敗する人」もいます。

そんな方がどうやって過ごしていけばいいのか、
5個お伝えしたいと思います。

1.やりたいことを周りに言い続ける

自分にはどんな夢があって、どんなやりたいことがあって、
どれくらい本気で考えているか、などを
それは周りに言い続けましょう。

いざチャンスが生まれた時に、声をかけてもらえるように、
○○といえば、アイツがやりたがっていたな、
と周りの人に認識をしてもらいましょう。

もちろん声をあげても、何も変わらないことも多いです
ただし、声をあげない方が、自分がやりたいことをやる可能性は低いです。
そして、声をあげても、損することはありません。

積極的にやりたいことを宣言していきましょう。

2.「とりあえず」仕事をこなす

モチベーションが上がっていない状況で、
本気で取り組め!というのは少し難しいかなと思っています。

とはいえ、何も仕事をしないと、
やりたいことだけ宣言していても、誰も聞いてくれません。
やることやらずに、やりたいことを宣言しているのは、ただのわがままです。

ある程度仕事をこなしつつ、
一人前になるように頑張ることは大切です。
ただ、あくまで配属に失敗したと感じている人の場合、
仕事を好きになれかったり、不満がある状態ですので死ぬほど仕事をする!とは思えないはず。

なので、
「とりあえず一人前レベル」になれる程度で頑張りましょう。

3.プライベート時間に勉強する

あくまで仕事に魅力を感じられていなく、
更に他にやりたいことがあるのに
今の仕事ではそれが叶えられないのであれば、
プライベートの時間を活用するしかありません。

資格を取ったり、講義を受けてみたりすることも大切ですし、
その仕事に就けた時に必要となるスキルを
今から身に着けていきましょう。
あくまで会社でしか得られない経験というのは、意外と少なかったりします。

また、自分だったらその仕事や職種でどうやって働くかをイメージしておくことも大切です。
コンビニに行くこと一つ取っても練習ができます。

■なりたい職とコンビニでできること

  • 営業志望
    ⇒その商品がコンビニに置かれてないと仮定し、
     自分だったらどうやって、誰に売ろうかを考える
  • マーケター志望
    ⇒一つの商品がどういう戦略で売られているのかを推測し 
     自分だったらどういった戦略を立てるかを考える
  • 広報志望
    ⇒自分だったらどの商品をどういうキャッチコピーで
     宣伝していこうかを考える
  • デザイナー志望
    ⇒商品のパッケージや内装・外観など、その完成品の狙いを推測し、 
     自分だったらどんなデザインにするか実際に描き起こしてみる

このように、
「自分が〇〇な職種だったらこうする」
のように、イメージをしていくことが大切です。
練習になりますね。

4.副業する

今の会社で、好きなポジションに行けないのであれば、
自分でそういった環境を作りましょう。

その一つとして、転職や起業がありますが、
なかなかハードルが高かったりリスクがあります。
一方、副業であれば、ハードルも低く、リスクも少なめです。
あるとすれば、副業禁止の会社での契約違反といったところでしょう。

しかし、副業が会社にばれるリスクについては、
しっかりお金を稼げるようになってから悩めばいいのです。
まずは、いま自分が楽しくない、副業ガチャに失敗した環境を変えましょう。

ただ、副業といえど、
お金を稼ぐだけのスキルに繋がらないものは避けましょう。

■副業が職種のスキルに繋がる例

  • 営業志望
    ⇒販売代理の副業を通して売ることのスキルを身に着ける
  • マーケター志望
    ⇒㏋を立ち上げて、WEBで集客するスキルを身に着ける
  • 広報志望
    ⇒WEB広告のプランニング副業で、WEBの知見をつける
  • デザイナー志望
    ⇒ココナラなどで制作する習慣やスキルを身に着ける

このように、やりたいことは、会社じゃないとできない!訳ではないです。
自分だけで身に着ける方法を探しましょう。

5.配属ガチャ失敗=すぐ転職はちょっと待った!

配属ガチャが失敗したからと言って、人生が終了するわけではないですし、
その会社で何も得られないというわけではないです。

自分がやりたかったことがその配属で果たせなかったとしても、
仕事をしていく中で、やりたいことが変わるのはよくあります。
だから、まずは今の仕事にしっかり向き合ってみましょう。

ただし、
とりあえず3年はやってみろ!
というの古い考えです。

ですが、
すぐに転職しろ!

というのは短絡的です。

せっかく苦労して入った会社をすぐにやめるのは、
あまりにもリスクが大きすぎます。
なぜなら、日本はいまだに「圧倒的に新卒文化」だからです。

中途で会社に入ろうとすると、新卒ほど売り手市場ではなくなるため、
「会社に入る」ということのハードルが上がってしまうのですね。

とはいえ、ただ単に文句を言いながら今の環境に苦しでは、解決しません。
すぐに転職しようとするのでもなく、我慢するのでもなく、
ここまでお伝えしたように、
配属ガチャで失敗した配属先でもできること
をしっかりと徹底したうえで、今後に向き合っていきましょう。

■クラッシャー上司・会社がブラックな場合はすぐ転職!

自分の夢や目標に対して、悩んでいる場合は、
現環境でできることをやりましょう。
そして、不満があるからすぐ転職!はードルやリスクが高いとお伝えしました。

しかし、すぐに転職すべきケースもあります。
それは、上司がクラッシャーだった場合と、会社がブラックだった場合です。
クラッシャー上司とはどんなやつ?というのはコチラの記事にまとめました。
併せてその対策についてもまとめてますので、参考にしてください。

https://matsubro.com/what-is-crusher-boss/
https://matsubro.com/crusher-boss-solve/#toc8

この場合は、会社に残るほうがリスクです。
身体や心を壊してしまうことが一番のリスクなのですから。
自分がどのケースなのか、しっかり考えていきましょう。

■まとめ

今日は配属ガチャについてお伝えしました。
改めてここまでの内容をまとめると、

配属ガチャの失敗とは、自分の夢や理想とかけ離れた配属をされること

です。
そして、その場合の対策として

■上司や会社に問題がある場合

転職を検討しましょう

■そうではない場合

転職や起業はリスクが高

↓のことを実践しよう!

  • やりたいことを周りに宣言する
  • とりあえずレベルで仕事をこなす
  • 資格を取るなどプライベートで勉強をする
  • 自分だったらどうするか?をイメージして生活する
  • 副業でスキルを身に着ける

こんな内容でした。

自分がどちらのケースなのか?をまず見定めて、
自分にできることを考えていきましょう。
併せてこちらもどうぞ。

https://matsubro.com/how-to-talented-recruits/
https://matsubro.com/how-to-love-yourjob/

-新入社員

© 2021 まつぶろ Powered by AFFINGER5